« 会話に悩む。 | トップページ | 「それが買いたくて」 »

電話がかかるウェブサイト

ちりりーん、と電話が鳴る。
いや、実際には「ぷるるるる」なのですが。

「もしもしー?」
「今、○○社のホームページ見てるんだけど」
「はぁ。」
「注文ってどこを押せばいいの?」

・・・・当社はコールセンターではない。

と、そんな話昔もあった。と思うのですが。

使いづらさの余波がうちに来るのです。どこをクリックすればいい?なんて質問は、本当に困る。
「その会社は使わないことが懸命です」と答える。
「そういう企業は、お客様のことを考えていないんですよ。他の企業を紹介しますよ」と、いぢわるな私は、言ってしまう。

ウェブサイトの使い方が解らない。
ウェブサイトでどこをクリックすればいいのか解らない。

その結果は、大半の人が×ボタンを押して逃げていく。もちろん、ユーザーは逃げているとは思っていない。逃げている、という表現は企業が使う言葉であり、ユーザー側から見れば、「使わないで他の会社に行こう」「別に、ここで買わなくてもいい」となってしまう。

それが、ユーザビリティなのだ。


よほど、その会社で買わなくちゃいけない理由がない限り、
人はその店で買わない。

使いやすさは、安心感であり、安定感である。

これから、団塊世代がリタイアしたときに、田舎に戻る人も多いと思います。
そのとき、頼りになるのはインターネット。

でも、使いづらい店では買えない。

私たちは今後も、電話がかかってきた企業様のホームページについては、操作方法を教えるよりも他の会社の探し方を教えようと思ってます♪


[AD]シニア層も使えるウェブサイトにはコツがある!ウェブサイトが良くなる100のポイント

|

« 会話に悩む。 | トップページ | 「それが買いたくて」 »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/5922858

この記事へのトラックバック一覧です: 電話がかかるウェブサイト:

« 会話に悩む。 | トップページ | 「それが買いたくて」 »