« 使える人が使えないと | トップページ | 事実3)シニアも使えるウェブサイトは初心者にも優しい »

あどべとあくろばっと

そういえば、アベベって昔、マラソンランナーがいましたね。
また、時代が古い!って言われてしまいそうですけど(笑)
ワタシは巨人大鵬卵焼き、なんです。(長嶋さんラブ)

さて、今日久しぶりにいらしたSさん。
見たい書類が「ピーデーエフ」だという。
でも、「アクロバット5.0」のアイコンをデスクトップから消してしまったので
それが読めない!

だって、ピーデーエフを開くと「アドベリーダー」が出てくる。
僕が見たいのはピーデーエフでアクロバットなのだ。

もう、バカボンのパパはバカボンのパパなのだ。そんな感じ。なのだ。

PDFを採用している企業は多いが
シニアにとってPDFを利用するのはあまりよろしくない。初心者が多いウェブサイトでPDFを利用するのはお勧めできない。というのも、インターネットの操作とPDFの操作は違うからだ。
官公庁がPDFを嬉しそうに使うのもいただけない。

いや、PDFはいいソフトですよ。
ワタシも愛用しています。

ですが、初心者には向かない。PDFということばの認知率は異常に低い。
多分、目の前でPDFをみれば、「ああ、このことね」とはなるが、PDFという言葉が想起には至らない。
(詳しくは弊社のシニア層が迷わない!ウェブサイトをダンゼン良くする100のポイントP81参照)

ということで、アドビサイトへの誘導はうまくやらないと、シニア層がウェブから逃げるだけになってしまいますよ。という話でした。

#昨日、22時30分ごろ、東西線で産業新聞の掲載された記事を熟読していた方がいました。ありがとうございます。横で、めちゃくちゃ挙動不審な人がいましたが、それがワタシです。

|

« 使える人が使えないと | トップページ | 事実3)シニアも使えるウェブサイトは初心者にも優しい »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/5856153

この記事へのトラックバック一覧です: あどべとあくろばっと:

« 使える人が使えないと | トップページ | 事実3)シニアも使えるウェブサイトは初心者にも優しい »