« シニア女性 | トップページ | スカパー! »

証券会社

Aさんは、株の売買が好きだ。
D証券を利用しているが、お教室にいらしては株の売買をしている。勿論、家でもしている。
教室でやるのは、それをネタに色々なお友達が出来るからでもある。

そんなAさんが土曜日にいらした。
株の話を私としていて、反応したのが50歳代後半のIさん。

「私もそれがやりたい。」

「ネットで株がやりたいのよ。結構そういう人が多いのよ。私は電話では株をもう数十年やっているからね。」

株を数十年やっている人は多い。今、そのシニア・シルバー層(中高年)たちがネットトレードをしてみたいという。

実際にいくつか証券会社のサイトを見せる。

「ここは手数料が無料なんですよ」とか、「ここはこんなことがあるんですよ」などなど。

「なんか、証券会社のホームページって見づらいわよね」とIさんが言う。

「僕なんてD証券しか使わないからそれで充分だよ。ひとつ覚えちゃえばいいんだもん」とAさんが横から口を挟む。

「私が使っているのはN証券なのよ。」

N証券のサイトを見る。今度当社が発売するレポートにも書いてあるが(と、さりげなく宣伝)、トップに動きがあるとそこから目が動かなくなってしまう為に、シニア層にとって(若者にとっても?)ウェブサイトが愕然と使いづらくなる。(ただ、画像によっては許されるので注意)

「私、もう口座持っているからここで開けるはずよ」
「でも、ネットはネットで申し込まなくちゃいけないんじゃないですかね」
「大丈夫よ。口座あるし。」と。画面中央の無意味な画像をクリックする。

なぜかそこはクリックできない。「かわらないわね」「変わらないですね・・・。」

左に支店番号などを入れる場所もある。

「・・・。パスワードって?暗証番号のことよね」と、入力するもはじかれる。

「うーん、今日担当さんに電話して聞いてみよう」

比較的使いやすいサイトなのだが、もったいないなぁ。
証券会社の一番の問題は「初めての方へ」なのだ。うちのユーザーテストでも多くの人がこの言葉に引っかかった。でも、証券会社のウェブは中高年には大人気なので、ぜひとも改良していただきたいと願う週末なのでした。

|

« シニア女性 | トップページ | スカパー! »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

日本広告学会でインターネットがなぜ高齢者に使い難いか、画面の読み難さは何とかならないかなどを研究し、10月に沖縄の大学で研究発表をします。当サイトの内容は、私たちの研究にとって参考になります。ITの専門家はまったく関心がありませんが、「読み易さ、伝わり易さ、わかり易さ」を成熟期を迎えもう一度考えるべきだと学会で主張します。「インターネットのユニバーサルデザイン」研究グループ。電通吉田秀雄記念財団の助成金を得て
2年間にわたる調査と分析の発表です。
高齢者の具体的な生の声をお知らせいただけたら幸いです。

投稿: 福田成美 71歳 元教授 | 2005/09/03 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/5683880

この記事へのトラックバック一覧です: 証券会社:

« シニア女性 | トップページ | スカパー! »