« 「還暦」 | トップページ | 抜くのはどこ! »

シニア向けのオークション

今日の実感。

死が現実になると、物の処分のためにオークションに興味を持つ。
そして、オークション(時代)に期待する。

今の80歳くらいだと、「お宝」保有率が意外と高い。
そのお宝は「ご本人たちがお宝だと思っている」ものが多いのが難点だが。
#ものより思い出~Priceless.

本日いらしたGさん。
お宝を整理して売ってしまいたい。持っていらしたメモにはヤフーオークション、とか「アマゾン」と書いてある。
しかし、残念なことに1人では登録が出来ない。(さらに、ヤフオクをするにはクレジットカードを持っていない・・)

売りたいものがたくさんある。

最近、この手の申し込みが多くなってきた。
しかし、オークションサイトは難しすぎるし、若すぎる。

高齢化社会を迎えた現在、これからそういう需要は大きくなるだろう。
団塊世代だけじゃない、現実的なそういうビジネスもありだ。

|

« 「還暦」 | トップページ | 抜くのはどこ! »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

そうか、シニア向けオークション代行ビジネスは、これから有望なのかな!
ただ、本人だけがお宝だと思っているとモメそうですね。

投稿: ともさん | 2005/08/21 00:26

もしかしたら、マニアのあいだではすっごい高値がつきそうなんですけど、薄学の私にはそれが高価かどうか解からない・・・

オークションも初値で10万くらいは行って欲しいみたいなことを仰るので困ります。

でも、遺産管理としてのオークションは需要高いでしょうね!

投稿: モリマミコ | 2005/08/21 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/5552400

この記事へのトラックバック一覧です: シニア向けのオークション:

« 「還暦」 | トップページ | 抜くのはどこ! »