« 不満は全てのビジネスの元。 | トップページ | それは想像しやすいかどうか。 »

「懐かしい」を引き起こす

今まで、色々書き溜めていて、「キー」がだいぶ見つかってきたので、それを公開していくこととしましょう。
ゆったりベースで進んでいきますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

さて、第1回目は「懐かしい」を引き起こすこと。

まず、経験と思い出は裏切りません。
「50年ぶりにあったら初恋の人が老けてた」というのはよくある話ですが、それは「現実」が思い出を裏切っただけですので、思い出は思い出のままなのです。

裏切らないというのはこのストレス社会において、非常に安心できる部分であります。
新しいことを挑戦したいニューシニア層も、やはり「新しいことを始める」のは一種のストレスです。
そのストレスに打ち勝つのに、つまり、新しいことを始めてもらうのに必要なことは

・懐かしさという要素を入れる。

ということが必要です。

すると、新しいものを取り入れるときに安心感が出て、シニア層への心理障壁を極力減らすことができる。
「ああ、経験したことだから失敗はない」

・あのころやりたかったけどできなかったこと、
・あのころ楽しかったこと
・あのころわくわくしたこと
・あのころのすっぱい思い出

「懐かしいあのころ」フィルターを通すとその商品が2,3倍身近に感じる。
新しい、だけじゃ目を引かないシニア層にじんわりと伝わる。


そのシニア向けサービスは、まるで○○のような、新しいサービスです。
という要素を取り込んでいますか?

|

« 不満は全てのビジネスの元。 | トップページ | それは想像しやすいかどうか。 »

「01.シニア向けビジネス指南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4785155

この記事へのトラックバック一覧です: 「懐かしい」を引き起こす:

» モノの価値が飽和した時代 [アクティブシニア・高齢者マーケティング特定の鍵「シルバーエンターテインメント」]
最近、強く感じるのは商品に見る時代性である。 昔は商品に完璧性であるとか機能性が求められていたが 今の時代の潮流として、そういったものに反発する動き みたいなものがあると私は感じている。 つまり、モノ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/02 13:57

« 不満は全てのビジネスの元。 | トップページ | それは想像しやすいかどうか。 »