« 団塊世代とシニアマーケット | トップページ | 当たり前と使いやすさ »

言葉の定義

言葉の定義は非常に難しい。

昔、ダイヤモンドのことを「石」という人がいて、「ほほー。石か。」と思っていたら、電機業界の人は石、というとチップのことを表すらしい、と聞いた。

ダイヤが欲しくて「石頂戴♪」と言ったら、チップをもらったら(何のチップかは解らないけど)その場で破局ですね。確実に。ちなみに、金魚にも「宝石」系の種類があって、「宝石が欲しいな」といわれて金魚をもらったらそれもショック。

ウェブサイトでは色々な業界の人が見ている。
ところが、作成するのは業界人が多いので、時々当たり前のように業界用語を使ってしまう。

例えば、

ブランドという言葉。ブランドを勉強している人なら、ブランドはブランドであることが解る。
しかし、していない人にとってはグッチやエルニーニョ、じゃなくてアルマーニなどのブランドになるんですね(すみません、疎くって)

昔、好きなブランドは?と聞かれ「サントリー」と回答したらものすごく変な顔をされました。

どうように「サービス」という言葉がある。実は、この言葉も理解しにくい。
「お嬢さん、サービスするよ」といわれたら、何かもらえるんだろうと思ってしまう。
オーナーのサービスです。とワインがきたら、ああ、これは「無料」なんだとおもう。

多分、それが一般的。

しかし、多くのウェブサイトには「サービス」と書いてある。
なんか、理屈はわかるが、見ている人には納得できない。

言葉の定義は業界によっても違う。
見ている人の一番近い言葉を使うことが必要である。


その言葉は、ユーザーに伝わっていますか?

|

« 団塊世代とシニアマーケット | トップページ | 当たり前と使いやすさ »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

そうだそうだ誰にでも分かる表現にしてくれ!
私が無知なのか?それでも分かる様に願いま〜す!

投稿: ちはる | 2005/07/14 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4954969

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の定義:

« 団塊世代とシニアマーケット | トップページ | 当たり前と使いやすさ »