« 一生現役。 | トップページ | 団塊世代とシニアマーケット »

生きてる世界が違うから

シニア・シルバー層と話していると、色々と思うところあり、面白い。
よく「若い子と話すなんて緊張するよ」と言われるが(その緊張は比較的早急に取れるが)
多分、「若い子の考えていることなんて解らないし、きっと話が合わないもんね」と思っているからに違いない。

しかし。

Aさんはめっちゃ若い。54歳とはいえ、見た目は40歳前半、私も実年齢を聞いたときは目からビームが飛び出るほど驚いた。昔の漫画風に言うと椅子の上から15センチくらい飛び上がったという感じかも知れない。

彼女は「同い年の人って話が合わないのよね。みんな所帯くさくって。」という。やたらと若さを誇張するわけでもなく、自然体で無理をしていないからものすごく若く見える。「でも、老眼が最近本当に進んじゃってね。ホームページとか見るのがしんどくなるのって年なのかしらね」

理解ができないのは、若いVSシニア、というだけではない。
シニア同士もそれぞれバックグラウンドが違うのだから、色いろな考え方がある。
十人十色、だ。ほんとに。

そんなんだから、言葉の定義がまず違う。
一つの言葉をとっても、その言葉を背負って50年、60年経つと言葉が熟成されてくるから、それぞれの個性が強くなる。だから、「あたりまえだろう」と思って使う日本語が、彼らにはぜんぜん別の意味でとられることもある。

言葉は受け取られて始めて完成する。
最近、この言葉を実感しているのですが
今、シニア向けサービスに提供しているその言葉は、きちんと受け止めてもらって
そして、同じ意味で理解されているでしょうか?

|

« 一生現役。 | トップページ | 団塊世代とシニアマーケット »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

全く言葉って難しい!でも大好きです。
地域でも多少ニュアンスが違うし
年齢でぜんぜん捉え方が違う。
でも伝えたいと一生懸命であれば
いつのまにか共通言語や表現に
行き当たる気がしてます。
何よりも話相手の顔を見ながら
話せる事の素晴らしさを共有したい今日この頃です。

投稿: ちはるちゃん | 2005/07/12 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4937854

この記事へのトラックバック一覧です: 生きてる世界が違うから:

« 一生現役。 | トップページ | 団塊世代とシニアマーケット »