« 用語の不一致 | トップページ | ムイシキン »

シニアマーケット

シニアは、本当に

「元気」で「好奇心」があり、「ゆとりの時間と資産」を持っている。

のだろうか?

なぜ、シニア層の要望と、企業の提供したサービス・モノには不協和音が起こるのだろうか?

シニアしかいないところにシニアは集まりにくい。(旅行は別)
シニア向けレストラン、とやってしまうと、シニアに対する定義があいまいなため、妙に自分より年上の人を創造し来なくなる。

反対に、若者が来るちょっとこじゃれたレストランで、シニア層も問題ない。というのであればシニア層が集まる。
昨日のお店がそうだった。

好奇心はあるが、自ら作り出すことは難しい。
団塊世代はゆとりの時間も資産も多くない。

なのに、「ゆとりの時間と資産」を持っている

と表現される。

毎月1000人程度のシニア層を見ている私としては、企業の人が「アクティブシニアマーケット」という言葉を利用しているときにいつも浮かぶ顔は65歳~70歳の人だ。

しかし、よくよく話を詰めると皆団塊世代を狙っているという。
団塊世代はもっとハチャメチャなのだ。まだ、普通に現役なのだ。シニアという括りをして欲しくないのだ。

シニアマーケットを狙うのに、思い込みのシニア層で話を進めていないですか?

|

« 用語の不一致 | トップページ | ムイシキン »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4672058

この記事へのトラックバック一覧です: シニアマーケット:

« 用語の不一致 | トップページ | ムイシキン »