« 「忘れちゃったらどうするの?」 | トップページ | シニアは、大人ではない。 »

「ウェブサイト操作と中年男性」

「インターネットはできるんだよ」とUさんが言う。
「会社で使うエクセルだけ学びたいんだ」

Uさんは50代、所謂団塊の世代である。

たまたま話していてインターネットをしていたときに
「インターネットくらいはできるんだよ、今度○○に行くから、ちょっと調べてみよう」と、得意げにインターネットを操作。

しかし、思うような操作ができない。

「うーん、間違ったかも」と閉じる。以上終了。

「俺は使える。だから、使えないホームページは間違いである」というのが彼らの理論。

失敗が怖いからか、中高年は間違い認定が若い子に比べて早い。
「あ、まちがっちゃった」

うちにいらしたAさん(団塊女性)は「お母さんはすぐに閉じるからダメなのよ。辛抱して少し探しなさいって、娘に起こられるのよ。あはは」と仰る。


彼らが閉じるのは「見つからないから」だけじゃなく
「間違ったから」という理由が圧倒的である。

本当は、そのウェブに欲しい情報があるのに。
今、やろうとしていることはあともう1クリック先にあるのに。

クリック数が少ないほうがいいウェブサイト、というわけではなく
どこをクリックすると直感的にわからないのがダメなのだ。

うちにウェブサイト構築で相談にいらした方が「某コンサルの方が、3クリック以内でやらなくちゃいけないと仰るから、トップページに全部詰めました」


・・・・・。


結局、そのウェブサイトは、どこをクリックすればいいのかわからないほど情報がたくさんだ。
カテゴリ分けもしてあるが、とにかく惑わせポイント(人の心を惑わせるポイント)が多い。とほほ。


そのウェブサイトは、間違いだと思わせないつくりになっているだろうか?

|

« 「忘れちゃったらどうするの?」 | トップページ | シニアは、大人ではない。 »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4645871

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウェブサイト操作と中年男性」:

« 「忘れちゃったらどうするの?」 | トップページ | シニアは、大人ではない。 »