« 解っている、の基準は自分。 | トップページ | 「ウェブサイト操作と中年男性」 »

「忘れちゃったらどうするの?」

「お買い物を今日はしたいの」と自由にいらしたAさん。
「私ね。インターネットにつないで2年経つのに、まだぜんぜん使ってないのよ」

と、自慢げに言う。

「そうなんですかー」と授業を始める。

「ね、買い方教えてよ」

「何をかいたいですか?」とスタッフが聞く。


「え、良く解らないけど、何が買えるの?」

「うーん、本とか」

「じゃぁ、本とか買うわよ」
横で(とかってなんだ)と突っ込む(私の席は隠れた場所にあるのだ)

「本を買うならamazonにしましょうか」とスタッフが誘導する

「買い方だけ端的に教えて」

うちのスタッフは面白いのだが、私がユーザビリティの話ばかりしているので「このウェブサイトを見てどう思いますか?どこをクリックしたくなりますか?」と一番最初に言う。面白いなぁ。

「え、わかんない。本?」(いや、本を見に来たんですよね・・・。)

とりあえず目の前にあるものをクリックした様子。

「で、これを書いたいとしたらどうすればいいのよ」

「どこを押します?」

「解らないわよ」

「このかごです」

「何でかごなの?」

「お買い物するときってかごに入れますよね」

「うーん」

そして延々と続く・・・。

最後に、IDを作る部分で
「ね、これって他のものが買いたくなったらどうするの?」
「もう一度会員登録をしなくちゃいけませんね」
「え、忘れちゃったらどうするの?」

実況中継でお伝えできないのが残念ですが、
なんだか、「初めてのお買い物」とか「初めての一人旅行」を髣髴とさせるような会話でした。

|

« 解っている、の基準は自分。 | トップページ | 「ウェブサイト操作と中年男性」 »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/4636447

この記事へのトラックバック一覧です: 「忘れちゃったらどうするの?」:

« 解っている、の基準は自分。 | トップページ | 「ウェブサイト操作と中年男性」 »