« 説明する事の難しさ | トップページ | 説明書はなぜ解りにくいのか? »

年齢の境目

世の中にはざっくりと
50代、60代、という括りがある。

女子高生、女子大生、というのは(女子限定であるものの)所属が括りになる。
しかし、シニア・シルバー層になると、それがない。

フォーリーブス世代?石原裕次郎世代?V9世代?長嶋世代?

世代、という括りはあっても、現状を表す言葉は未だない。
私たちは50代後半から60代後半くらいまでを汽水世代と呼んでいる。

汽水域とは、淡水と海水の交わる場所をいう。

私が、年間のべ1000人近いシニア層・シルバー層と付き合っていて
ざっくりと感じたのが男性73歳、女性68歳説だ。(どんな説だ?)
(ちなみに男性は62歳くらいで一度変化がおきる)

そこを境目に変わる。汽水域から海水(もしくは淡水)に出る瞬間だ。

例えば女性の場合、68歳になったときに、突然老け込む方と元気のまま、昇華しつづける人がいる。
男性は73歳。突然好々爺になる人と、そのままの人がいる。

原因としては色々有り、ここには書けない内容が大半だが
ただ、普通に50歳代、60歳代などと括っていると、見えないことも多い。

|

« 説明する事の難しさ | トップページ | 説明書はなぜ解りにくいのか? »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/2624483

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢の境目:

« 説明する事の難しさ | トップページ | 説明書はなぜ解りにくいのか? »