« 同じ動き | トップページ | 僕の前に道はない。 »

おばあちゃんはどこに行った?

テストの集計をするために
改めて皆様の年齢を確認する・・・・・。


勿論50代後半の方もいれば
70代前半の方もいる。

皆さん、若い・・・・・・。

男性の年齢は意外と当てやすいですが
女性の年齢は、本当にわからない。

若者の心の中にある「おばあちゃん」。
巣鴨のとげ抜き地蔵に行って、ボーリングをして。
そういうおばあちゃん。

どこに行ってしまったんだろう?

今日も台風の中、レインコートを着ていらして下さいました。

「国内はじーさんばーさんばかりで行きたくないの。私は海外が好きよ。といっても、年に4,5回行けば良いほうだけど。」と迷言?名言をおっしゃったのは70歳を越えたお姉さまでした。

もしかしたら、女性はだんなさんの定年をきっかけとして歳を取るのをやめてしまうのではないだろうか。

ふと、そんなことを思う。


しかし、夫婦の未来像を大量に目の前で見ていると
色々考えてしまいますね。。。。。。
しかししかし、考えさせる張本人たちが「結婚は運と縁よ!考えてちゃ駄目よ。」と仰るのを見ると、そんなもんかなと。うーん。

|

« 同じ動き | トップページ | 僕の前に道はない。 »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。

>「結婚は運と縁よ!考えてちゃ駄目よ。」

私、まだ、おじーちゃんという歳ではないですけどそう思います。
そんなもんです。

投稿: orataki | 2004/10/10 07:21

コメント有難うございます。
どこに突っ込みが来るのかと思いきや!
そこでしたか(^^;

今では私のウェディングは教室中のネタとなっております。
「老後の楽しみ」まで言われるのって・・・・ちょっと悲しい

投稿: モリマミコ | 2004/10/10 10:20

DOMO!

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__337905/detail

面白いニュースソースみっけたよ。
ちなみに僕は今週末に東京に行くつもりです。
ついでに巣鴨の早朝に売り切れる羊羹屋とか見に行こうかと。

OldTypeのシニア像が見たくって。。。

投稿: 関西寝太郎 | 2004/10/18 11:32

土曜日はダメなのだが日曜ならOKですよん。
是非お教室にも遊びにいらして☆
OldTypeはあまりいませんが、NewTypeはたくさんいて、きっと「若い男だ!」って人気者のはず☆うふふ。

投稿: モリマミコ | 2004/10/18 14:52

やった日曜日は人気者☆
木曜日の夜から東京入りしてますが、
金曜日の夜にお食事いきませんか?
日曜日は高田馬場なら13:00には
出発しなくちゃいけないので!!

投稿: 関西寝太郎 | 2004/10/19 15:42

あとは追って連絡しますー
そういえば、いま、ケータイしか使っていないので
電話充電しておきます♪
金曜日楽しみだわ♪どの辺いきまひょか。
他に賛同者いたら是非♪

投稿: モリマミ | 2004/10/19 19:51

みんなで遊ぼう!!

新幹線で東京行くのは久々だ・・・。
貧乏性なので乗りたいけどいつも、バスか普通電車。
Time is money だとはわかりつつも
今回も帰りは…普通電車を狙ってます(w

その分、朝はリッチにホテルの朝食をっ!!

盛岡あたりまで新幹線で行って、青春18切符でゆったり
旅行をするアクシニ(勝手に略すな?)の方が増えてる
みたいですね。仕事できる人なんだろなぁとか勝手に
妄想してしまう24歳なのでした・・・。

投稿: 関西出瑠用 | 2004/10/20 09:45

先日はどうも☆
羊羹は成人式のときにお祝いに食べます♪

また遊びにいらしてね。
色々有益な話を有難うございました。

投稿: モリマミコ | 2004/10/26 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/1634407

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんはどこに行った?:

» 高齢者向けマーケティングの失敗-旅行編 [高齢者マーケティング特定の鍵「シルバーエンターテインメント」]
100万円以上する国外旅行のプランは大人気で予約殺到。 それを見つけたホテルオーナーが超豪華ホテルプランを敢行。 リムジンで迎えてくれて、最高級の国内ホテルに泊... [続きを読む]

受信: 2004/10/11 01:26

« 同じ動き | トップページ | 僕の前に道はない。 »