« 孫なるもの | トップページ | 「初めての方へ」は誰のために? »

視界と安心

「「お母さん、きちんとみなよ。」って、言われちゃうのよね。」


と、Aさんが言う。

「ほら、歳を取るとカタカナって苦手になるじゃない?」

(都合のいいときは「歳を取る」というのだ。その言葉にだまされちゃいけない)

「だから、多分、娘にも言われるんだけど、カタカナとかって見えていないのよね」


シニアの方々のユーザーテストをしていると極端に視界が狭いのかと思いきや、そうでもなく、意外と視界は広い。
ただ、頭の中に入らないだけで。

視界が広いから「何でそこをクリックすんねん!!!」と言ってみたくなる事がある(それも似非大阪弁)

ああああああああ・・・そこをクリックしたら前のページにはなかなかいけないのに-

案の定、戻れない、先に進めない。そして、前に進むために閉じるボタンを押す。(これは反射神経?)


知っている言葉=安心できる言葉はクリックする。
視界が狭いわけじゃないが、安心できる言葉の半径3センチしか目が行かない。
わからない言葉は飾りに過ぎない。


テストをして、100%の人が操作できない(トップページからどこをクリックすればいいのかわからない)企業もあれば、「使いづらいのは私のせいなのよ」と自虐的なセリフを先ほどまで言っていたのに全く難しくないページもある。

「こういう色って嫌いなのよね」という色がある割には、同じ色なのに
知名度の高い企業に関しては、「この会社の色はこういう色だから、これは好感が持てる」というのもある。


ということで、本日のネタ。

カブドットコム証券というのがあるのですが、

某氏
「ドットコム証券と言う株式会社かぁ」


きっと、銀行で振り込んだら、振り込んだ先は
カ)ドットコムショウケン

と、なるのでしょう。


「よくさ、ドットコムってきくけど、それってつまり、ライブドアとか楽天のこと?」

うーーーーーーーーーーん。

しかし、ライブドアも楽天もシニアの中の認知率一挙に上げましたね。頑張れ一場君。

|

« 孫なるもの | トップページ | 「初めての方へ」は誰のために? »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/1768790

この記事へのトラックバック一覧です: 視界と安心:

« 孫なるもの | トップページ | 「初めての方へ」は誰のために? »